« 朝日杯FS予想 | トップページ | 中山大障害回顧 »

2013年12月20日 (金)

中山大障害予想

去年の1、3着馬が今年に入り相次いで世を去り、
今年の重賞勝ち馬が1頭のみと少し寂しいメンバー。
ならば去年2着の実績で◎バアゼルリバーが中心。
この距離でも後半の差し脚が衰えず、置き障害がない
大障害の方が適正は高い。道中離れすぎなければ勝ち負け。
相手筆頭は捻って○テイエムブユウデン。
実績は正直足りないが、長い距離の経験は豊富。
先行出来るだけに後ろの仕掛けが遅れればチャンスも。
▲アポロマーベリックは唯一の今年の重賞勝ち馬。
中山は未勝利戦ながら圧勝しており、距離が持てば。
イルミネーションJS快勝の△メイショウブシドウ。
キャリアが浅い分、伸びしろに期待。
去年ようやく勝った熊沢JKも心強い。
前走の敗戦などデータ的には不安な×エアペインシェンス。
素質は高く、リーディング確定の高田JK騎乗が不気味。
13歳になった☆スプリングゲントは去年4角まで先頭。
人気のバアゼルリバーが差しタイプだけに、前残りも。

バアゼルリバーの信頼度は中程度と見て、
◎○▲△×の馬連ボックスを基本。◎☆、○☆をワイドで押さえ、
◎の1、2着固定3連単で高配当を狙う。

|

« 朝日杯FS予想 | トップページ | 中山大障害回顧 »

コメント

この時期になると思います。
なぜ10レースなの?と。
オープン戦をメインにするくらいなら…こちらをメインにせよと思うのですが…。

投稿: かねとしがばなー | 2013年12月21日 (土) 01時22分

ハッピーティア…しあわせの涙…。
私には悲し実の涙でした…。

投稿: かねとしがばなー | 2013年12月21日 (土) 21時19分

こちらもハッピーティア抜けでした。今回はメンバー構成的に荒れる可能性有りと読んで、人気薄のテイエムを入れたり、馬連をボックスにしたりしましたが、的中はならず。全体の読みは悪くなかっただけに悔しい所です。

投稿: Gesho | 2013年12月21日 (土) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97604/58790349

この記事へのトラックバック一覧です: 中山大障害予想:

» 第136回中山大障害の予想みたいなもの [That's]
最近、すっかり競馬の記事を書いてませんが、J.GIのレースだけは予想しないわけには いきません。ということで枠順に全馬一 [続きを読む]

受信: 2013年12月21日 (土) 09時19分

« 朝日杯FS予想 | トップページ | 中山大障害回顧 »