« 中山大障害予想 | トップページ | 有馬記念予想 »

2018年12月22日 (土)

中山大障害回顧

スタートは全馬互角。アップはいつもながら二の脚が今一つでミヤジタイガが先手。シゲルロウニンアジ、タイセイドリームらが続き、ピロバロン、マイネルらはは中団、ルペールは後方から。正面スタンドから1角を回り、バンケットでアップが進出し先頭に立って大障害コースへ。大竹柵は全馬無事に飛越し逆周りへ。アップ先頭は変わらずもピロバロンが2番手まで進出しアップをマークしながら大生垣へ。ルペールも徐々に進出。タイセイは4番手を追走。2周目の向正面でミヤジが再進出しアップの前に。バンケットでピロバロンもアップを交わし、先頭に。3番手に下がったアップは最終障害で踏切が合わず落馬。ピロバロンがミヤジを振り切って直線に入るもタイセイが猛追。坂上の追い比べはわずかにハナ差。ニホンピロバロンが念願の大障害制覇。直線で脚を伸ばしたマイネルが3着に突っ込む。4着に後方から追い込んだシンキングダンサー、ミヤジタイガは直線いっぱいで5着まで。2年連続3着のルペールは見せ場なく7着に終わった。
アップは去年のようなハイペースは刻まず、後続の追走を容易にした印象。交わされた後の障害は完全に踏切が合わず、もったいない内容。ペースが落ち着いた分、息に不安があったピロバロンには追い風。タイセイドリームもうまく立ち回って平地の脚を生かしたが、非常に惜しい内容。
馬券的には押さえの馬連ボックスが引っかかる形に。タイセイが頭なら単でプラスだったが、本命が落馬だけにやむを得ず。
Daishougai

|

« 中山大障害予想 | トップページ | 有馬記念予想 »

コメント

1番人気が文字通り「こけた」おかげで馬券が取れた…と言っては失礼ですが…。
3連複BOXで的中。でも本当はアップトゥデイトがらみで的中と考えていたので、複雑です。
人馬ともに無事とのことで、何よりです。

投稿: かねとしがばなー | 2018年12月23日 (日) 00時00分

3連複結構つきましたね。さすがに落馬はないと見ていましたが、すんなりは行かないものです。

投稿: Gesho | 2018年12月23日 (日) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山大障害回顧:

« 中山大障害予想 | トップページ | 有馬記念予想 »