« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月28日 (土)

高松宮記念予想

雨による馬場悪化がどこまで回復するかが注目。いずれにせよ超高速馬場にはならないだろう。

異例のローテーションで参戦の◎モズアスコットから。ダートの2戦は圧勝。勝ち癖がついた状態での芝戻りに期待。千二は初めてだが、千四は好走実績が多く、多少時計が掛かれば十分に対応可能と見る。

相手筆頭は上がり馬の○アイラブテーラー。重賞2着はあり、前走から引き続きの武豊JK騎乗は魅力。平坦向きの血統で中京は問題ないだろう。

意外と人気落ちの▲タワーオブロンドンは当然圏内。前走は今ひとつも、斤量の影響など多少はあったようだ。この距離になってからは安定感が増している。

穴は去年2着の△セイウンコウセイ。このレースとはとにかく相性がよく、前走もあまり負けてはいない。渋い馬場もこなせるので、再度の好走は十分ありそう。

前に行く馬がそれなりにいるものの、すんなり先手を取れるとしぶとい△モズスーパーフレアも押さえておきたい。

◎○▲のワイドボックスと◎△のワイド。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

ペガサスJS予想

中山GJの前哨戦ではあるが、前週の阪神SJに比べると若干落ちるメンバー構成。
秋の大障害3着のメイショウダッサイと10着ながら3番人気に押されたディライトフルが実績では抜けている。
距離が短くなってプラスなのはやはり◎ディライトフル。去年は3着だったが、勝ったのがマイネルプロンプト、2着シングンマイケルなら仕方ない所。すんなり逃げられる可能性が高く、中心。

◯メイショウダッサイもOPで3着以下がなく、コースも経験があり、あまり印は下げられない。安定感という面なら◎より上。

春麗JSはそれほどレベルが高くなく、それなら▲ルペールノエルで足りそう。大障害5着と健在の所を見せている。

△コスモロブロイは人気薄ながらも強い勝ち方。メドウラークやヨカグラに先着と、ここの内容次第では本番も上位食い込みが見えてくる。

◎から馬連流し。◯から▲△へのタテ目も取る

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

阪神SJ予想

暮れの大障害を制したシングンマイケルとオジュウチョウサンが激突。約1年ぶりの障害戦となるオジュウがどのくらい走れるのかが大きなポイント。多少の衰えを考慮しても勝ち負けレベルにはあると見るが、馬券的に外すならここだろう。

ただ、◯シングンマイケルも全盛期のオジュウレベルには到達していないと見る。高市調教師が亡くなった後のタイミングに62kの斤量でつけ込む隙はありそう。上位争いの1角と見る。

◎シンキングダンサーは大障害で1番人気に押されるも4着止まり。横綱相撲で勝ち切るだけの力はないものの、今回は3、4番人気に落ち着きそう。元々人気になりにくいタイプだけに、盲点となるここは狙い目か。

一発なら▲トラスト。脚元に不安がある分、なかなか実力をフルに発揮できないだけにアテにはしずらいものの、このメンバーでどこまでやれるかは注目。

近年稀に見るスタミナ型の△ブライトクォーツ。こうした馬を動かす熊沢JKから乗り替わるのはマイナスだが、トラストが早めのペースでスタミナ比べになれば上位食い込みも。

◎からの馬連流し。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »