« 東京優駿(日本ダービー)予想 | トップページ | 東京JS予想 »

2020年6月 6日 (土)

安田記念予想

▲アーモンドアイは前走で楽な勝ち方。間隔が短いとは言え、余力には問題なさそう。枠も良く、死角は去年以上に少ない。とにかく問題は配当。

◎インディチャンプを今年も狙う。▲に不利があったものの、去年のレース振りは強い、秋のマイルCSもしっかり勝ちきったように、マイルのG1なら勝負になる。

香港マイル以来の○アドマイヤマーズは◎と同様マイルG1で無敗。相手が揃い厳しい流れが向いているタイプだけに、不気味。

ダノン3頭はどれも魅力があるが、1頭選ぶなら△ダノンプレミアム。去年は凡走も天皇賞秋で府中の問題ではないことを示す。レーンJKなら乗り替わりの心配は少ない。

大穴で✕クルーガー。帰国2戦で5、1着。G1での力不足は否めないが、経験豊富でゴール前もつれれば。✕ヴァンドギャルドは前走で◎の3着。上昇度でどこまで迫れるか。

◎の単勝と◎○▲の馬連ボックス。◎△のワイド、✕2頭は複勝で。

|

« 東京優駿(日本ダービー)予想 | トップページ | 東京JS予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京優駿(日本ダービー)予想 | トップページ | 東京JS予想 »