« 東京JS予想 | トップページ | 新潟JS予想 »

2020年6月27日 (土)

宝塚記念予想

サートゥルナーリアと大阪杯ワンツーの牝馬2頭が中心。ただ、サートゥルナーリアはまだ古馬G1を勝ったわけではなく、無観客はプラスに働くだろうが、信頼度は中程度と見る。

◎ブラストワンピースが中心。大阪杯は内枠がかえってアダになり、チグハグな競馬に。似たレース設定ながらも、意外に大阪杯とは連動性がなく、有馬記念勝ちで大阪杯は今ひとつのこの馬には条件が合いそう。外枠だけに川田JKも思い切った競馬に徹するだろう。

相手筆頭に◯サートゥルナーリア。有馬記念2着で世代ナンバーワンの座は確保。前走は楽な競馬すぎて参考になりにくいが、無観客で落ち着いていれば大崩れはなさそう。

大阪杯勝ちの▲ラッキーライラックは昨秋以降の充実ぶりが目を見張る。リスグラシューと同様、古馬になってからのスケールアップは間違いなく、ここも一気に勝ちきっておかしくない。

相手なりに走る△クロノジェネシス、ここ2戦は粘りが増している△スティッフェリオ、グランプリ男・池添JKの勢いが怖い△モズベッロまで。

◎◯▲の馬連ボックスと◎△のワイド。

|

« 東京JS予想 | トップページ | 新潟JS予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京JS予想 | トップページ | 新潟JS予想 »