« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月26日 (土)

清秋JS予想

暮れの大障害に通用するか試金石となる清秋JS。やはり注目は絶対王者オジュウチョウサンの弟、▲コウキチョウサン。春の中山OP戦は善戦止まりだったが、前走でOP勝ち。兄同様に徐々に力をつけている印象。ただ、今回は石神JKが乗れない分、評価を下げた。
抜けた馬がおらず絞るのは難しいが、◎シングンオフビートを狙う。中京、新潟の未勝利で大敗したあと、福島で連勝。前走は東京で重賞ながら大敗とスピードの出るコースは苦手な印象。中山なら見直す手はある。
未勝利、OPと連勝中の◯レンジストライクも評価する必要はある。不良の阪神で圧勝しているだけに、スタミナ勝負は問題なさそう。
山本JKラスト週の△マイネルヴァッサーもうまくハマれば上位に来る力があるだけに、鞍上込みで期待。

印4頭のワイドボックス。

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

阪神JS予想

前走でOP上位の馬が揃い、秋に向けて注目のレース。それでも3連勝で新潟JSを制した◎フォイヤーヴェルクが人気を集めそうだ。平地力を生かした前走の内容からすれば、極端に速いペースを刻む馬も不在で、直線で何とかしてしまいそうだ。
おそらく逃げるのは◯サトノエメラルド。春は平地を使っていたが、1年ぶりの障害戦となる前走でしっかり勝ち切る。去年はシンキングダンサーと僅差のレースをしているだけに、◎を逆転する可能性も十分。
秋初戦の▲タガノエスプレッソは今年に入りOP特別級ですべて掲示板を確保。平地力なら◎◯にも匹敵し、人気の盲点になれば面白い存在。
重馬場ながら阪神OPで大差圧勝している△ブレイクスピアーは前走でもあと一歩。控えても結果を出せているだけに、ここも期待。

人気サイドではあるが、秋初戦は当てたい所。配当には目をつぶり、上位4頭の馬連ボックス。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »