« 東京HJ予想 | トップページ | 菊花賞予想 »

2020年10月17日 (土)

秋華賞予想

三冠がかかるデアリングタクトが無難に外枠を引いたこともあり、圧倒的な一番人気。桜花賞で悪馬場もこなしているだけに、何かアクシデントがない限りは三冠の可能性は高そう。
馬券的にはなかなか配当が伸びないので、☆デアリングタクトをのぞいてワイド勝負にしてみたい。
最近の傾向では春のクラシック好走で、ひと叩きした馬が上位に来ている。前哨戦で負けていても、大きな減点ではない。

オークスで期待した◎クラヴァシュドールが中心。オークスは明らかに距離が長く、好位を進んだにも関わらず直線は一息。距離短縮の上、内回りだけにオークスと同じような競馬で上位争い可能。
前走は展開不向きとなった◯ウインマイティー。オークスも直線はかなり脚を使っていただけに、先行出来れば大崩れはなさそう。
紫苑S4着の▲マジックキャッスルはオークスでデアリングタクトに次ぐ末脚で5着。浜中JKが乗れないのは痛いが、☆をマークする形で上がってくれば面白い。

◎◯▲のワイドボックスが勝負馬券。3頭と☆の馬連は配当次第で。

|

« 東京HJ予想 | トップページ | 菊花賞予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京HJ予想 | トップページ | 菊花賞予想 »