2005年5月 8日 (日)

NHKマイル

土曜日は予想がかすりもせず、何とかここで挽回したい所だ。
このレースで重視するポイントは2つ。
1)1800m以上もしくは東京1600m以上の実績
2)マイル重賞の実績
今年は1)の実績馬が少なく、傾向からはずれる可能性はあるが、
自分のスタンスなので、これを基準に予想をする。
◎はペールギュント。1)2)の両方に該当し、GIも3、6着と格も十分。
鞍上武豊で配当妙味は下がるが、好走率は上がるので相殺だ。
相手はTR勝ちのマイネルハーティー。鞍上の信頼度は◎に劣らない。
マイルで連をはずしたのは朝日杯だけだ。
ビッグプラネットは2戦目で重賞を勝った大物。血統背景から
皐月賞より力勝負の東京マイルの方が向く。
大穴でバブルエスティーム。1800m勝、東京コース2勝は侮れない。
ラインクラフトは2)に該当するが、牡馬と初対戦が気になり無印。
◎ペールギュント
○マイネルハーティー
▲ビッグプラネット
☆バブルエスティーム
◎○▲の馬連ボックスと☆の複勝かワイドで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 7日 (土)

土曜東京障害未勝利

今週は障害OPなし。未勝利戦で少し遊んでみたい。
不気味なのが崎山厩舎2頭出し。
鉄則通り、2頭出しは人気薄からということで、
◎オーゴンコウテイ 平地実績なしの初障害。買いは鞍上。
○アインオーセン 中山戦で3着の実績なら十分勝ち負け。
▲ボトムズアップ 平地たたいたここは狙い目か。
3頭のワイドボックスなら遊びとして十分。

西のGIII京都新聞杯はコンゴウリキシオー。
東京メイン、プリンシパルSはアスカロンに注目。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 1日 (日)

天皇賞・春

春の天皇賞は個人的に好きなレースだ。
障害レースにも共通するが、単純に馬券の寿命が長い。
ゴールまで色々な想像ができるのが楽しいものだ。
今回は雨が予想のポイントになりそうだ。

本命はザッツザプレンティ。
正直ローテーションや力関係で微妙な気がしているが、
京都の長丁場+岩田JKは買い材料だ。
2歳から応援している馬なので是非がんばって欲しい。
相手筆頭はリンカーン。なぜか天皇賞と相性の悪い馬だが
福永JKの充実振りを加味して上位に取り上げた。
3000m級の実績はザッツに劣らない。
次位にトウショウナイトを抜擢。去年の秋に500万の馬が
トントン拍子にGI出走に漕ぎ着けた。
なかなかこの手の馬が通用しないレースではあるが、
やや低調なメンバーを考えると、少し期待をしてしまう。
以下、GI3勝の実績が断然のヒシミラクル。
豪最強牝馬のマカイビーディーヴァまで抑える。
雨を前提にシルクフェイマスを軽視したので、
天気がはずれると、馬券もおそらくはずれるだろう。
◎ザッツザプレンティ
○リンカーン
▲トウショウナイト
△ヒシミラクル
☆マカイビーディーヴァ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年4月30日 (土)

東京障害OP

意外に面白いメンバーが揃ったOP戦。
1番人気はテイエムアラムシャと思われるが、
OPでは勝ちきれないところがあり、全面的には信頼できない。
本命はローレルデフィー。未勝利でメジロベイシンガーを下している上、
血統背景もあり、初OPも苦にならないと見る。
相手筆頭にテイエムアラムシャ。
次位は長期休み明けを6着とまずまずの結果を残したメジロシュナイダー。
東京コースでOP勝ちがあり、勝ち切る所までありうる。
トーセンメイザンも東京得意だが、61キロもあり3着までか。
東京(0,0,0,2)のタイキリオンは軽視。
◎ローレルデフィー
○テイエムアラムシャ
▲メジロシュナイダー
◎から馬連2点。オッズ次第ではローレル/トーセンのワイド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月28日 (木)

先週の回顧と天皇賞

京都障害OPはラージヒルジャンプが貫録勝ち。
次はおそらく京都JSと思われるが、有力だろう。
トウケイカントリーも直ダのOPなら今後も買えそうだ。

中山障害未勝利は期待通りにマイネルマルカート勝利。
残念なのは馬券を買ってなかったことか…

日曜重賞はフローラSのアスピリンスノー抜擢が我ながら
ヒット。複勝くらいは買っておけば…配当が大きい分、
後悔も大きい。

混戦の天皇賞だが、G1ホースとG12着馬だけ選べば
当たるような気がしないでもない。
注目は豪の女傑マカイビーディーヴァと
遅咲きタマモクロス産駒のマイソールサウンド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月24日 (日)

日曜3重賞

3場開催すべてで重賞が行われるが、いずれも難解。
ちょっと馬券に手を出すのを控えてしまうようなレースばかりだ。

フローラS
◎ピサノグラフ 鞍上デザーモJK、これだけで買い材料
○アルフォンシーヌ 前走でシーザリオの3着ならここも通用
▲アスピリンスノー エルフィンSでレースパイロットと同タイム、血統は遜色ない
まともならレースパイロットだが、今の東京は置かれると届かない可能性も。

アンタレスS
◎ヒシアトラス ダ千八なら安定感抜群、連軸で
○エンシェントヒル ◎に先着実績あり、展開の助けは欲しいが末は確実
▲タイキエニグマ 前走G3で1番人気、力を発揮できれば

福島牝馬S
◎オルレアン 福島で鞍上中舘JK、買わない手はない
○メイショウオスカル 千八は3着をはずしたことなし
▲レクレドール G2勝ちの実績に乗れてる柴山JKで浮上

どれかひとつでも当たれば御の字か…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月23日 (土)

京都障害OP

京都JS前哨戦で実績馬に有利な別定戦。
カ通りの堅い結着と見る。
G2で2着の上、京都得意のラージヒルジャンプで鉄板。
相手もOP連勝のトウケイカントリーが筆頭。
テイエムマッチョと岩崎JK騎乗のロングパーフェクトを抑えれば万全。
◎ラージヒルジャンプ
○トウケイ力ントリー
▲テイエムマッチョ
△ロングパーフェクト
◎から馬連流しと○→◎馬単。

中山障害未勝利は横山義JKがオンワードセイハでなくこっちに乗ってきた
マイネルマルカートが初障害でも面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月18日 (月)

ディープに脱帽

出遅れて最後方からコーナーは大外。
これで圧勝とは、力が2枚も3枚も上だった。
3着アドマイヤジャパンと4着マイネルレコルトは弥生賞と
さほど変わらない走りをしているのにディープは差を広げている。
少なくとも皐月賞のメンバーではダービーも逆転は無理そうだ。
本命のローゼンはまだ子供なのか、行きっぷりが全く悪く惨敗。
ダービーまでにもう少し気性的な成長が欲しい所だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年4月16日 (土)

カラジ優勝

都合によりテレビ観戦となったが、1番人気に応えカラジが快勝した。
道中は前を見ながら中団を進み、空馬となったフォンテラを
うまくかわしつつポジションを上げて押し切る強い競馬。
スコットJKの好騎乗もあり、王者にふさわしいレース振りだった。
折り合いに専念したチアズは最後、良く伸びたが2着まで。
それでも昨秋からの状態の良さと中山コースの適正は十分示した。
3着のローレルは予想以上に復調、元々スピードはある馬なので、
今後は大きな活躍が期待できる。
一方、道中絶好の位置にいたロードは伸びずしまい。
中山のスタミナ比べは不向きなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皐月賞

単勝1倍台のディープインパクトの評価が全てのレース。
GJ(ロードプリヴェイル)ともども池江厩舎の馬がキーポイントになった。
皐月賞で断然人気馬が負けるパターンは先行馬にやられるが、
今回は前に行きたい馬が多く、差し優勢と見る。
マイネル、ビッグなどを捕らえるためディープ武豊は
案外、早めの仕掛けになるのではないだろうか。
そこで本命はローゼンクロイツ。
G1で勝ちきれない血統だが、展開の後押しでキレがフルに生きれば
このメンバーでも勝ち切る力はあると見る。
相手は当然、ディープ。小柄な馬体とケタはずれの瞬発力なら
馬群からも簡単に抜け出てくるだろう。
以下はアドマイヤジャパン、ダンスインザモアの外枠差し馬勢。
ラスト1ハロンの時計がかかるようならペールギュントが
届く可能性も考えたい。
◎ローゼンクロイツ
○ディープインパクト
▲アドマイヤジャパン
△ダンスインザモア
☆ペールギュント
基本は◎から馬連流し。◎→○の馬単も買いたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧